新しいブログの新装開店

新しいブログを新装開店しました。さらに、明るく、楽しく、有意義な情報をお届けいたします。 また、メルマガも開設しましたので、登録方よろしくお願い申し上げます。登録者には自動配信します。 http://teraokanobuaki.info/ 寺岡伸章(2012年7月27日)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後もっとも暑い夏

 日本は原子力開発を始めた当初の1950年代から、ウラン資源を有効に利用するために、原子力発電所で燃やした使用済燃料からプルトニウムを取り出し、高速炉でそれを燃焼して発電するという核燃料サイクル路線を選択してきた。エネルギー資源が少ない日本にとって、燃やすほど燃料が増加する技術は魅力的だった。技術の進歩でエネルギーが得られるのであれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「我々被災者のことを忘れないでほしい」

 三連休は東北の被災地の見学とボランティア活動で過ごした。  13日(金)午後10時過ぎ、我々6人を乗せたバンは浅草を北へ向けて出発した。夜行便である。翌朝明るくなると、途中のコンビニエンスストアで朝食をとった。午前7時35分、宮古市で他のバンと合流し、総勢13人になった。わたしを除いて、みなさんは熱心な仏教の信者である。宮古市は岩手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣問題の影響はどこまで広がる?

 個人的なことで恐縮だが、8月下旬、中国外交部外郭団体主催のセミナーで、「中国のイノベーション政策の光と影」の講演を行う予定になっていたが、気になり準備状況について問い合わせたところ、「日中関係の緊張」などの理由で先送りになったという回答が来た。「先送り」という表現になっているのは、私に対する心づかいであり、実質的に「中止」である。中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ中国のハイテクは見かけ倒しだ

 日本のお家芸だった家電が国際競争力を低下させるなかで、中国のハイテクの実力に注目が集まっている。廉価な人件費でモジュール型の工業製品が優位に立つのは分かるが、技術そのものの実力はどうなのだろうか。  科学技術振興機構研究開発戦略センターが最近『中国の科学技術力について~世界トップレベル研究開発施設~』を取りまとめて、発表した。ネット…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪維新の会の研究(13)

 大阪維新の会は「維新八策」で革命的な提案を行っている割には、八つの柱の一つである「外交・安全保障」については注目すべき提案を行っていない。日米同盟に加えて、韓国や豪州も含めた太平洋の安全保障体制を強化するとしている程度である。  大阪維新の会の外交・安全保障のブレーンの一人は元東大教授の北岡伸一氏であるが、日米同盟強化による中国包囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多神教文明が地球を救う

 世界四大文明は大河流域に発生し、政治的な統一が国家を形成したと我々は教えられた。そして、1492年にアメリカ大陸が、1543年に日本が発見されと西洋の教科書に書かれている。マヤ歴では2012年12月21日に終末が予言されていると言われるが、これは終末論を信じる西洋人の捏造である。マヤ歴は循環歴であるため、2012年12月21日から新し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やる気さえあれば無農薬稲作は可能だ

 今日、埼玉県富士見市の柳下さん農家に出かけた。NPO農商工連携サポートセンター主催の農業体験研修に参加するためだ。都心から集まった約40人が一緒になって、1ヶ月前に手で植えた稲の草取りをやった。稲は30~40センチに成長していた。水田に入って、手で雑草をむしり、それを水田の泥に埋めるのである。雑草は腐敗し、堆肥となる。また、大勢の人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more