戦後もっとも暑い夏

 日本は原子力開発を始めた当初の1950年代から、ウラン資源を有効に利用するために、原子力発電所で燃やした使用済燃料からプルトニウムを取り出し、高速炉でそれを燃焼して発電するという核燃料サイクル路線を選択してきた。エネルギー資源が少ない日本にとって、燃やすほど燃料が増加する技術は魅力的だった。技術の進歩でエネルギーが得られるのであれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more