テーマ:八代

八代再生ビジョン(ワイワイガヤガヤのたたき台)

1. 目標 世界システム、国内統治機構、エネルギー・食料危機など大変動時代の中で生き抜くことができる、国内外にモデルとなるべき街づくりを目指す (参考)石油生産ピークは2006年に過ぎ、今後石油輸入量が減少。日本のエネルギー自給率4%、食料自給率39%。 2. モットー  「外に強く、内に優しい街」 (経済的、文化的に活気…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

外国人の活力を生かせ

 年末年始を故郷の八代市で過ごした。  年末の夜、中国人経営スナックとフィリピン人経営スナックが人気を博していた。その理由を知人に聞くと、 「中国人やフィリピン人は異郷の地で生きていくために必死に働いている。お客に喜ばれるサービスをよく研究している。日本人経営スナックでは年配客は大切に扱われないが、外国人経営スナックではそれが違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異国で知る故郷の良さ

 北京駐在4年の間、出張や旅行などで中国全土を駆け巡った。沿海部の上海、北京、広州では高層ビルが聳え立つ反面、中華文明の発祥に地である中原では小麦畑が広がり、西部は砂漠か山岳地帯で、南部の雲南省や貴州省は緑に覆われた地帯であった。  中国はじつに広大で多様性がある。人口の90%以上を占める漢民族は住みやすい平地に住み、56の少数民族は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

畳は日本の文化

 かつて住宅を建設すると、畳敷きの部屋がかならずあったものだが、最近徐々に姿を消しつつあるのは寂しい。畳表はイ草を編んでつくられるが、イ草の国内生産は3割程度で、それ以外は中国からの輸入に頼っている。  主要な国内生産地は熊本県の球磨川下流に広がる八代平野だ。何を隠そう、わたしの故郷である。三十年以上前は、夏になると農家はイ草狩りで多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more